医学部の道に進むなら個別指導でしっかり知識を身に付けよう

医師になるための学習環境

先生と生徒

高額だが綿密な指導が魅力

医学部予備校は一般に大手予備校に比べて学費が高いとされます。医学部予備校では年間300万円以上かかることも珍しくありません。対して大手予備校では100万円以下のことが多く、両者間には相当の差が見られます。それでも世の中に医学部予備校が存在し、支持を得ているのにはそれなりの理由があります。ザックリと述べると、少人数できめ細かい指導をすることが支持の主な要因です。合格難易度の高い医学部に特化した指導をするために、一般に医学部予備校は少人数授業を行います。それだけに講師の指導が生徒一人ひとりに行き届きやすく、成績アップをしやすい構造になっています。授業とは別に個別指導を設けていることもあり、理解できていない点を講師とともに考えられます。その他には快適な学習環境を用意しています。きれいな校舎、快適な自習室などで勉強のサポートをしています。こうした生徒一人ひとりにマッチした指導を行うことは、すなわち医学部への合格率として反映されます。現役生にしろ浪人生にしろ、医学部合格への近道として医学部予備校を選ぶとすれば、高く見える学費も許容範囲とみることができるでしょう。ちなみに、選抜試験に合格すれば学費を安くする制度を設けている予備校もあります。選抜ですからよりハイレベルな勉強に挑戦することにもなり、学費を抑えつつ更なるレベルアップを図ることができます。どうせ医学部予備校に通うというのなら、選抜クラスに入るという短期的目標を持つと捗るかもしれません。